このページ内の左メニュー部分へジャンプ| このページ内の本文部分へジャンプ|





ここから本文部分です

現在位置:HOME > AMIN情報 > BMINの紹介


アジア医療按摩指導者ネットワーク人材バンク(BMIN)の紹介


  1. BMINの名称について
    アジア医療按摩指導者ネットワーク人材バンクを英訳した Conception of the Bank for AMIN(Asia Medical Massage Instructors Network) の愛称です。

  2. 日本財団からの助成
    AMINは、2006年から2010年の5年間において、日本財団からの助成金を財源として活動してきました。

  3. BMINの目的
    BMINの目的は、アジア太平洋地域の途上国に、視覚障害者が、医療按摩の専門家として就業できる体制を整備することです。この目的を遂行するための、日本国内のボランティア支援組織がBMINです。

  4. 組織構成
     1. 本会は、本会の趣旨に賛同するものが、自由意志で参加する。
     2. 本会の組織は、インストラクター部門と通訳者部門、教科書作成部門等とする。
     3. インストラクター部門:日本按摩をアジアを始め諸外国の方に講習する。
     4. 通訳者部門:手技療法に関する知識を有し、語学に堪能な者で構成する
     5. 教科書作成部門:教科書作成等に協力できるボランティアで構成する。
     6.IT部門:IT活用に関する知識・技術をアジアを始め諸外国の方に講習します。

  5. BMINの目標
    アジアの視覚障害者団体や手技療法団体等の希望に応じてAMINが開催する日本国内または国外の研修会会場に赴き、知識教育と技術指導をおこないます。この講習会で指導するBMINのメンバー全員の知識教育法や技術指導法の統一をはかるため、日本国内にてBMINメンバーのための講習会も実施します。
    このように、確かな知識と豊富な経験を備えたBMIN登録メンバーが、短期・長期の研修会においてアジアの視覚障害者マッサージ指導者を育成することを目標とします。

  6. BMINの登録者数
    2010年7月1日現在で、51名の方が登録されています。