このページ内の左メニュー部分へジャンプ| このページ内の本文部分へジャンプ|





ここから本文部分です

ニカラグアにおける東洋医学教育ボランティア活動報告 2015 3. 東洋医学啓発活動(6項目)

現在位置:HOME > AMIN情報 >ニカラグアにおける東洋医学教育ボランティア活動 >3.教育基盤の整備、その他 (1)


3. 東洋医学啓発活動(6項目)                             次へ >>



1.日本文化紹介「ジャパン・フェスティバル」で指圧・あん摩の実演
 2015年2月および7月、日本とニカラグアの国交80周年を記念して日本大使館が主催したジャパン・フェスティバルで、大学生および視覚障害者指圧講座の修了生と共に来場者に指圧施術を行った。施術を受けたいという希望者が列をなした。


2.テレビ出演で東洋医学広報活動
 2014年3月、全国テレビ「カナル・ドス」に出演して視覚障害者指圧講座の案内を行った。
同年8月、同テレビ局に出演して視覚障害者学部新設に向けての説明を行った。
同年12月、同テレビ局に出演して指圧の模範施術を行った。
同年12月、全国テレビ「カナル・セイス」に出演して指圧の適応疾患、症状について説明を行った。
2015年1月、全国テレビ「カナル・ドセ」に出演し、視覚障害者への指圧による職業教育を取り上げた特集番組の中で視覚障害者への指圧あん摩の教育方法、就労状況、職業教育の意義についてのインタビューに答えた。


3.ショッピングモールで指圧実演
 大学生および視覚障害者指圧講座の修了生と共にショッピングモールで大学が定期的に開催する「東洋医学フェア」に参加して買い物客に指圧やあん摩の施術を行った。


4.特別支援学校を訪問
 マナグア市内にある初等教育機関「メラニアモラレス特別支援学校」を訪問し、校長と面会。指圧講座の教育経験から小児期にできるだけ運動機能を高めておくことが将来指圧を学ぶ際に有益なことを説いた。また、職員に指圧やあん摩を施し啓発活動を行った。


5.障害児施設を訪問
 視覚障害者指圧講座の修了生と共に「テソロ・デ・ディオス養護施設」を訪問し、職員及び保護者に指圧やあん摩を行った。障害児の介護で腰を痛めている人が多かった。


6.自宅での施術
 自宅で地域の人々に鍼灸あん摩マッサージ指圧施術を施して、東洋医学の啓発活動を行った。また、状況によって、施術後の健康維持のために、施術者として、指圧講座の修了生を紹介した。
患者数は延べ約200名。国籍は、ニカラグア、ベネズエラ、グアテマラ、アルゼンチン、ドイツ、アメリカ、日本であった。


次のページへ >>